HOME > 教員一覧 > 濵村昌則

濵村 昌則Hamamura Masanori

顔の写真

教授学群長室:A416

生年 :
 1970年
出身 :
 高知県
所属 :
 高知工科大学情報学群
大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報学コース
所属学会 :
 電子情報通信学会、IEEE
学位 :
 博士(工学)(長岡技術科学大学、1998年)
最終学歴 :
 長岡技術科学大学大学院 工学研究科 博士後期課程 情報・制御工学専攻 修了
相談可能分野 :
 CDMA(スペクトル拡散技術)、信号設計、ワイヤレス通信方式
趣味 :
 旅行
先生のmailアドレス
▶ 工科大教員ページ
▶ 研究室ページ
▶ 教員個人ページ
研究紹介

電波を使った通信を限りなく速くする

専門分野 : 情報通信工学

自分が持つ通信環境が快適であったとしても、新しいアプリケーションが現れると途端に使いモノにならなくなるということがよくあります。電波を使ったワイヤレス通信でその傾向が顕著です。情報通信はどこまで速くなればいいのでしょうか? 誰も答えを知りませんが、いくら速くても、速い分には誰からも文句を言われないのが情報通信です。世界中の文句がとりあえず減るでしょう!

  •  Approximately-zero correlation zone sequence set
  •     
    著者
    Sayuri Fukui,Masanori Hamamura
        
    発表誌:
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics,Communications
    and Computer Sciences,Vol.E99-A,no.1,pp.159-166
        
    発表年:
    January 2016
  •  帰還型マルチトーンホッピングCDMA信号の高速PAR低減アルゴリズム
  •     
    著者
    福永健太,浜村昌則
        
    発表誌:
    電子情報通信学会論文誌B,Vol.J96-B,No.12,pp.1406-1411
        
    発表年:
    2013年12月
  •  ISI-free power roll-off pulse
  •     
    著者
    Masayuki Mohri,Masanori Hamamura
        
    発表誌:
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics,Communications
    and Computer Sciences,vol.E92-A,no.10,pp.2495-2497
        
    発表年:
    October 2009
  •  Spectral efficiency of orthogonal set of truncated MC-CDMA signals using discrete prolate spheroidal sequences
  •   
    著者
    Masanori Hamamura,Jun Hyuga
        
    発表誌:
    Proceedings of the IEEE Wireless Communications and
    Networking Conference (WCNC 2008),pp.980-984
        
    発表年:
    April 2008
  •  Asynchronous, decentralized DS-CDMA using feedback-controlled spreading sequences for time-dispersive channels
  •     
    著者
    Teruhiko Miyatake,Kazuki Chiba,Masanori Hamamura,
    Shin'ichi Tachikawa
        
    発表誌:
    IEICE Transactions on Communications,vol.E91-B,no.1,pp.53-61
        
    発表年:
    January 2008
研究室紹介
研究室の写真1

ワイヤレスネットワーク研究室:A314

濵村研究室では情報通信の研究を行っています。『信号理論』とか『変復調理論』と呼ばれる分野が中心になります。0111001001.....という2進数のデータをどうやったらより良い電気信号や無線信号や光信号に変えられるか、そして、それらの信号をどうやったら効率よく元のデータに戻せるか、こんなことを毎日みんなで考えています。

吹き出し

高校生のみなさんへ

 自分を信じる、ということでしょうか。

講義科目

信号理論基礎、アナログ・ディジタル通信、
ワイヤレスアクセスネットワーク

受け入れ可能な専攻

情報とメディア専攻
情報通信専攻
コンピュータサイエンス専攻

先生全身画像