HOME > 教員一覧 > 任向實

任 向實Ren Xiangshi

顔の写真

教授教授室:A466

生年:
1965年
出身:
長春市(中国)
所属:
高知工科大学情報学群
   大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報システム工学コース
   大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報学コース
   総合研究所 Center for Human-Engaged Computing
所属学会:
ACM, IEEE, 情報処理学会, 電子情報通信学会,
     ヒューマンインタフェース学会
学位:
博士(工学)
最終学歴:
東京電機大学大学院 工学研究科 情報通信工学専攻 修了 (1996)
相談可能分野:
ペン入力システム, ヒューマンインタフェース評価技術,
       マルチモーダルインタフェース
趣味:
読書
先生のmailアドレス
▶ 工科大教員ページ
▶ 研究室ページ
▶ 教員個人ページ
研究紹介

ゲームのインタラクション

専門分野:ヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)

 ゲームは、我々の日常生活の一部となっています。ゲームはまた、教育や保健の分野でますます影響力となっています。このプロジェクトでは、生理学的な方法や行動の分析など、より定量的な方法と組み合わせて、理解し、従来の経験的な方法(例えば、インタビューやアンケート)を介してゲーム体験を改善することを目指しています。

  •  A Model of Scrolling on Touch-Sensitive Displays
  •     
    著者
    REN Xiangshi, Jian Zhao, Soukoreff R.W., Balakrishnana R.
        
    発表誌:
    International Journal of Human-Computer Studies,
    Vol.72, No.12, pp.805-821
        
    発表年:
    2014
  •  Designing Motion Gesture Interfaces in Mobile Phones for Blind People
  •     
    著者
    REN, Xiangshi
        
    発表誌:
    Journal of Computer Science and Technology,
    Vol.29, No.5, pp.812-824
        
    発表年:
    2014
  •  Special Issue on Computer Human Interaction
  •     
    著者
    REN, Xiangshi
        
    発表誌:
    International Journal of Innovative Computing, Information
    and Control (IJICIC), Vol.9, No.12, pp.4603-4604
        
    発表年:
    2013
  •  The Impact of Candidate Display Styles for Japanese and Chinese Characters on
    Input Efficiency
  •    
    著者
    SUN Minghui, REN Xiangshi,
    Shumin Zhai, WANG Feng
        
    発表誌:
    International Journal of Human-Computer Interaction,
    Vol.71, No.3, pp.236-249
        
    発表年:
    2012
  •  Optimal Entry Size of Handwritten Chinese Characters in Touch-based Mobile
    Phones
  •     
    著者
    TU Huawei, REN Xiangshi
        
    発表誌:
    International Journal of Human-Computer Interaction,
    Vol.29, No.1, pp.1-12
        
    発表年:
    2012
研究室紹介
研究室の写真

HEC研究室:A315

 現在コンピュータへの入力装置はキーボードやマウスに限られており、子供、高齢者、障害者にとってまだ使いにくいものです。そこで、任研究室では、ペン入力、指によるマルチタッチ入力、視線入力などの研究を行っています。例えば、これらの入力装置に関する人間の制御能力に関する基礎研究、および入力装置の特徴を活かした入力技法などの研究です。私たちはこの分野(HCI)の最高峰の国際会議を目指して頑張っています。

吹き出し

高校生のみなさんへ

 "Boys, be ambitious!" 「青年よ、大志を抱け!」は William Smith Clark(ウィリアム・S・クラーク)博士が若者たちに投げた言葉です。諸君は「自分はたいしたことない」と思っているかもしれませんが、社会にとっては非常に貴重な人材です。ぜひ志を高め、何をなすべきかよく考えて、そのための勉強をしてほしいです。

講義科目

HCI概論

受け入れ可能な専攻

情報と人間専攻
情報とメディア専攻
コンピュータサイエンス専攻

先生全身画像