HOME > 教員一覧 > 敷田幹文

敷田 幹文Shikida Mikifumi

顔の写真

教授教授室:A473

出身:
石川県
所属:
高知工科大学情報学群
   大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報システム工学コース
   大学院工学研究科 基盤工学専攻 情報学コース
所属学会:
ACM, 情報処理学会, 電子情報通信学会, 医療情報学会
     日本ソフトウェア科学会
学位:
博士(工学)
最終学歴:
東京工業大学 理工学研究科 情報工学専攻 博士後期課程 修了
相談可能分野:
インターネット, クラウド, 大規模情報システム
       システムソフトウェア, 協調作業支援, 医療情報
趣味:
旅行, 映画鑑賞, ガジェット集め
先生のmailアドレス
▶ 工科大教員ページ
▶ 研究室ページ
研究紹介

専門分野:応用情報通信

  •  分散環境における話者交替のアウェアネス支援
  • 著者
    敷田 幹文, 増田 雄亮
    発表誌:
    情報処理学会論文誌, Vol.56, No.1, pp.126-136
    発表年:
    2015
  •  Culture Based Preference for the Information Feeding Mechanism in Online Social Networks
  • 著者
    Arunee Ratikan, Mikifumi Shikida
    発表誌:
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E97-D, No.4,
    pp.705-713
    発表年:
    2014
  •  大規模サーバー間の部品依存関係を利用したユーザー指向通知方式
  • 著者
    敷田 幹文, 藤澤 恵一朗
    発表誌:
    情報処理学会論文誌, Vol.53, No.3, pp.978-986
    発表年:
    2012
研究室紹介
研究室の写真

コミュニケーション&コラボレーション研究室:A358

 次世代ネットワーク社会では、使い手である「人」の立場に立って、人に「やさしい」情報システムを構築し、現実空間との隔たりのより少ないシームレスな(継ぎ目のない)情報通信を行うことで、我々の社会生活をより豊かなものにしていかなければいけません。そこで、敷田研究室では、現在主に以下の3つに焦点を当てて、「人にやさしい情報通信技術」の研究を行っています。
 1. 大規模データセンター(情報システム基盤設備)における業務支援
 2. 一体感のある遠隔地とのビデオコミュニケーション支援
 3. 医療・介護・ヘルスケア分野におけるコミュニケーション・コラボレーション支援

吹き出し

高校生のみなさんへ

 可能性は無限にあります。何にでも挑戦し、行動し続けましょう。

講義科目

通信方式, 情報ネットワーク設計

受け入れ可能な専攻

情報と人間専攻
情報通信専攻
コンピュータサイエンス

先生全身画像