HOME > 教員一覧 > 植田和憲

植田 和憲Ueda Kazunori

顔の写真

講師講師室:A468

生年 :
 1975年
出身 :
 兵庫県
所属 :
 高知工科大学情報学群
大学院工学研究科 基盤工学専攻 電子・光システム工学コース
所属会 :
 電子情報通信学会, 情報処理学会, IEEE
学位 :
 修士 (工学)
学歴 :
 大阪大学大学院基礎工学研究科情報数理系専攻博士前期課程 修了
大阪大学大学院基礎工学研究科情報数理系専攻博士後期課程 退学
相談可能分野 :
 情報ネットワーク、マルチメディアシステム・コンテンツ
趣味 :
 テニス・歌うこと
先生のmailアドレス
▶ 工科大教員ページ
▶ 教員個人ページ
研究紹介

ケータイが圏外になっても、ネットは使える!?

専門分野 :情報ネットワーク、マルチメディアシステム、ネットワークマネージメント

移動ノード同士が搭載されている無線機能を利用してその場で柔軟に通信経路を確立するアドホックネットワークに関する研究を行っています。主に、ネットワーク構築・維持のために必要なデータ量の更なる削減を目指しています。

  •  Peer-to-Peer contents delivery system considering network distance
  •     
    著者
    Takuya Ookubo,UEDA, Kazunori
        
    発表誌:
    Network Operations and Management Symposium
    (APNOMS), 2011 13th Asia-Pacific,pp.1-4
        
    発表年:
    2011
  •  Proposal of Initial Route Establishment Method in Wireless Mesh Network
  •     
    著者
    Kazunori Ueda,Ken-ichi Baba
        
    発表誌:
    Proceedings of The Sixth Workshop for Ubiquitous
    Networking and Enablers toContext-Aware Services
    (UNECAS 2009),pp.173-176
        
    発表年:
    2009
  •  Asymmetric DHT based on performance of peers
  •     
    著者
    Kazunori Ueda,Kazuhisa Kawada
        
    発表誌:
    Proceedings of The Asia-Pacific Network Operations and
    Management Symposium (APNOMS2009),pp.427-430
        
    発表年:
    2009
  •  Design and Implementation of Real-Time Digital Video Streaming System over IPv6
    Network using Feedback Control
  •    
    著者
    Kazunori Ueda,Hiroyuki Ohsaki,
    Shinji Shimojo,Hideo Miyahara
        
    発表誌:
    Proceedings of 2003 International Symposium on Applications
    and the Internet(SAINT2003),pp.111-118
        
    発表年:
    2003
  •  Network Management Ensuring QoS According to Contents Policies
  •     
    著者
    Kazunori Ueda,Takao Shimayoshi,
    Toshihiko Hata,Shinji Shimojo,
    Manzoor Hashmani,Kazutoshi Fujikawa,
    Hideo Miyahara
        
    発表誌:
    Proceedings of Euromedia2002,pp.99-103
        
    発表年:
    2002
研究室紹介
研究室の写真

知的ネットワーク研究室:A303

インターネットのような共有型のネットワークでは、他の利用者の通信などの影響を受けるため、通信状況は常に変化します。そのような条件のもとで快適に通信を行うことができるネットワーク環境を提供するための研究を行っています。これは、道路に専用車線を設け、そこにどの車に通ってもらうかをうまく考えることに例えることができます。

吹き出し

高校生のみなさんへ

物思いにふけったとき、行き詰ったとき、
・「一期一会」(今の自分があるのはこれまでのすべての出会いのおかげ)
・「為せば成る〜〜」「あきらめたらそこで試合終了だよ」(自分にとっての最大の敵は(甘い)自分である)
などの言葉を思い起こしてみてください。答えは自分の中にあるはずです。

講義科目

応用コンピュータリテラシー、情報メディア概論、
ウェブメディア、情報学群実験3i/4c

受け入れ可能な専攻

情報とメディア専攻
情報通信専攻
コンピュータサイエンス専攻

先生全身画像